猛打賞から一転4タコ DeNAグリエル「本当の姿」はどっち?

公開日:  更新日:

 8日の楽天戦で衝撃の猛打賞デビューを飾ったDeNAの助っ人・グリエル(30)。自身の誕生日だった9日の試合は、一転して2三振を含む4打数無安打に終わった。

 来日2試合で両極端な姿を見せたキューバ人助っ人。あるセのスカウトからは早くも「彼らは母国では公務員扱い。打っても打たなくてもお金はもらえるからハングリー精神に欠けているのでは」との声も聞こえてくる。だが、本当にそうだろうか。

 確かに、キューバは社会主義国で、グリエルを含め国民はラテン気質が強い。バット一本でカネを稼ぐプロ意識は低いかもしれない。「身分」もキューバからの「レンタル移籍」。今シーズンが終われば、キューバに帰国。再び国内リーグに戻る。とはいえ、グリエルやセペダ(巨人)はキューバを代表して来日した選手。いわゆる「国を背負っている」身だ。今後に続く選手のこともあるし、手を抜くことは考えられない。

 2試合目で4タコだからといって、中畑監督も悲観する必要はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る