猛打賞から一転4タコ DeNAグリエル「本当の姿」はどっち?

公開日: 更新日:

 8日の楽天戦で衝撃の猛打賞デビューを飾ったDeNAの助っ人・グリエル(30)。自身の誕生日だった9日の試合は、一転して2三振を含む4打数無安打に終わった。

 来日2試合で両極端な姿を見せたキューバ人助っ人。あるセのスカウトからは早くも「彼らは母国では公務員扱い。打っても打たなくてもお金はもらえるからハングリー精神に欠けているのでは」との声も聞こえてくる。だが、本当にそうだろうか。

 確かに、キューバは社会主義国で、グリエルを含め国民はラテン気質が強い。バット一本でカネを稼ぐプロ意識は低いかもしれない。「身分」もキューバからの「レンタル移籍」。今シーズンが終われば、キューバに帰国。再び国内リーグに戻る。とはいえ、グリエルやセペダ(巨人)はキューバを代表して来日した選手。いわゆる「国を背負っている」身だ。今後に続く選手のこともあるし、手を抜くことは考えられない。

 2試合目で4タコだからといって、中畑監督も悲観する必要はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る