中日の連敗止めた代打・小笠原 40歳でも衰え知らぬ「肉食」

公開日: 更新日:

 日本ハム時代は、後輩選手にも「あの人、週に5日、年間300日は焼き肉を食べてるはずですよ」と言われた。週に5日で年300日じゃ計算は合わないが、07年にFA移籍した巨人でも関係者を驚かせた。

 裏方さんや後輩選手、報道陣との食事会はいつでも焼き肉。

 面倒見がよく身銭を切ることを惜しまないから親しまれる一方、声をかけられた人間が「また焼き肉かぁ……。だって、テーブルに乗り切らない量の肉をいっぺんに頼んで、それを2回も3回も繰り返すんですよ。やっとの思いで平らげると、『ここからが本当の勝負だ』とまた肉を追加する。あの人の体の8割はハラミでできているはずです」とゲンナリするほどだった。

 そんな巨人を半ば追われる形で退団し、オフに中日に移籍。主に代打として打率・282、1本塁打、15打点と存在感を発揮する小笠原が昨2日のヤクルト戦でまた貴重な働きをした。同点の九回2死二塁の好機に代打で登場し、右中間を破る適時二塁打。チームの連敗を6で止める貴重な決勝打となった。

「みんなが力を合わせた結果です」

 と、話したヒーローは単身赴任の名古屋では賃貸マンション住まい。10月で41歳になる今も、主食は焼き肉だという小笠原にスタミナ切れの心配はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る