長野、亀井はまだ“手負い” 巨人は広島に連勝も余裕なし

公開日: 更新日:

 首位巨人が2位広島に連勝し、ゲーム差を3に広げた。立役者は前日に10試合ぶりにスタメン復帰した長野久義(29)。井端の適時打で2点を取って逆転した五回、なおも1死一塁で、雨が降りしきる前橋の夜空に特大2ランを放った。巨人はこの回一挙4点。広島先発エース前田を沈めた。

 試合後、「その前に井端さんが走者をかえしてくれたので楽に打席に入れた。まだフルに出てないんで、フルに出たらしゃべります」と報道陣を制した長野は、七回の攻撃終了と同時に交代。痛めた右ヒザはまだ決して万全ではない。

 同じく前日に左太もも裏の肉離れから復帰した亀井も同様で、試合前には広島の某選手がこう言っていた。

「2人とも全力で走れてないでしょ。故障箇所をかばいながらプレーしているのは、こっちから見ていてもわかった。塁に出ても、抑え気味に走っている。相当ムリして出てきたんじゃないですかね。巨人にも決して余裕はないという証拠。必死に食らいついていけば、まだまだチャンスはあると思います」

 実際、巨人のチーム関係者によれば、長野も亀井も本来なら復帰にもう1、2週間の猶予が必要だったものの、本人たちにもベンチにもそれを待つだけの余裕はなかったという。連敗した広島にもまだ、付け入るスキはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか