長野、亀井はまだ“手負い” 巨人は広島に連勝も余裕なし

公開日: 更新日:

 首位巨人が2位広島に連勝し、ゲーム差を3に広げた。立役者は前日に10試合ぶりにスタメン復帰した長野久義(29)。井端の適時打で2点を取って逆転した五回、なおも1死一塁で、雨が降りしきる前橋の夜空に特大2ランを放った。巨人はこの回一挙4点。広島先発エース前田を沈めた。

 試合後、「その前に井端さんが走者をかえしてくれたので楽に打席に入れた。まだフルに出てないんで、フルに出たらしゃべります」と報道陣を制した長野は、七回の攻撃終了と同時に交代。痛めた右ヒザはまだ決して万全ではない。

 同じく前日に左太もも裏の肉離れから復帰した亀井も同様で、試合前には広島の某選手がこう言っていた。

「2人とも全力で走れてないでしょ。故障箇所をかばいながらプレーしているのは、こっちから見ていてもわかった。塁に出ても、抑え気味に走っている。相当ムリして出てきたんじゃないですかね。巨人にも決して余裕はないという証拠。必死に食らいついていけば、まだまだチャンスはあると思います」

 実際、巨人のチーム関係者によれば、長野も亀井も本来なら復帰にもう1、2週間の猶予が必要だったものの、本人たちにもベンチにもそれを待つだけの余裕はなかったという。連敗した広島にもまだ、付け入るスキはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    「引退危機」の声も… 阪神・藤浪に今オフメジャー挑戦案

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る