• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長野、亀井はまだ“手負い” 巨人は広島に連勝も余裕なし

 首位巨人が2位広島に連勝し、ゲーム差を3に広げた。立役者は前日に10試合ぶりにスタメン復帰した長野久義(29)。井端の適時打で2点を取って逆転した五回、なおも1死一塁で、雨が降りしきる前橋の夜空に特大2ランを放った。巨人はこの回一挙4点。広島先発エース前田を沈めた。

 試合後、「その前に井端さんが走者をかえしてくれたので楽に打席に入れた。まだフルに出てないんで、フルに出たらしゃべります」と報道陣を制した長野は、七回の攻撃終了と同時に交代。痛めた右ヒザはまだ決して万全ではない。

 同じく前日に左太もも裏の肉離れから復帰した亀井も同様で、試合前には広島の某選手がこう言っていた。

「2人とも全力で走れてないでしょ。故障箇所をかばいながらプレーしているのは、こっちから見ていてもわかった。塁に出ても、抑え気味に走っている。相当ムリして出てきたんじゃないですかね。巨人にも決して余裕はないという証拠。必死に食らいついていけば、まだまだチャンスはあると思います」

 実際、巨人のチーム関係者によれば、長野も亀井も本来なら復帰にもう1、2週間の猶予が必要だったものの、本人たちにもベンチにもそれを待つだけの余裕はなかったという。連敗した広島にもまだ、付け入るスキはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る