• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人は“心中覚悟”なのか? 病み上がりの菅野にまた酷使懸念

「チームに負担をかけた分、しっかり取り返したいと思います」

 これは巨人・菅野智之(24)のコメントだ。先発予定の10日の阪神戦に備え、約1カ月ぶりに一軍に合流。8月4日に右手中指の腱の炎症で登録抹消されていた負い目があるだけに、その口調には自然と力が入る。

「だから、心配なんですよね」

 あるチーム関係者が、1カ月半前に目撃した姿を思い返し、こう続ける。

「あれは、オールスター直後のことでした。ロッカールームで青白い顔をして下を向く菅野を見たんです。ある選手が、大丈夫か? と声をかけると、菅野は笑顔を見せながらも、『ちょっとしんどいです』と。弱音というか、そういうことを言うこと自体、珍しい。それから1週間もしないうちに、菅野は登録を抹消されました。原因は指の炎症でしたが、そのリハビリ中に腰痛を発症して復帰が遅れました。体に相当負担がかかっていたんだと思います。1カ月の離脱を取り戻そうとまた、ムリをしなきゃいいんですが」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る