9勝目にも「コスパ悪すぎ」の声 巨人杉内はここからが正念場

公開日: 更新日:

「9連戦の初戦を勝てばチームがラクになる。どんな形でもいいから勝ちたかった。うれしい」

 9日の阪神戦で、巨人杉内俊哉(33)が7回2失点の好投。貫禄タップリに話したものの、チーム周辺には冷ややかな声もある。ベテランOBがこう言う。

「大きな1勝には違いないが、給料を考えれば当たり前。なにせ5億円でしょう。どう考えたって、それに見合う働きをしていません。費用対効果が悪すぎます」

 杉内の巨人移籍1年目は12勝4敗だった。といっても、チームが最も苦しい夏場すぎに離脱して、肝心のポストシーズンでの登板はゼロ。去シーズンは11勝6敗、防御率3.35と安定感がなく、日本シリーズで2敗。今年の9勝5敗、防御率3.16も胸を張れた数字ではない。それでも4年総額20億円でFA移籍だから、年俸はずっと5億円で来年も5億円なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

もっと見る