日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

9勝目にも「コスパ悪すぎ」の声 巨人杉内はここからが正念場

「9連戦の初戦を勝てばチームがラクになる。どんな形でもいいから勝ちたかった。うれしい」

 9日の阪神戦で、巨人の杉内俊哉(33)が7回2失点の好投。貫禄タップリに話したものの、チーム周辺には冷ややかな声もある。ベテランOBがこう言う。

「大きな1勝には違いないが、給料を考えれば当たり前。なにせ5億円でしょう。どう考えたって、それに見合う働きをしていません。費用対効果が悪すぎます」

 杉内の巨人移籍1年目は12勝4敗だった。といっても、チームが最も苦しい夏場すぎに離脱して、肝心のポストシーズンでの登板はゼロ。去シーズンは11勝6敗、防御率3.35と安定感がなく、日本シリーズで2敗。今年の9勝5敗、防御率3.16も胸を張れた数字ではない。それでも4年総額20億円でFA移籍だから、年俸はずっと5億円で来年も5億円なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事