9勝目にも「コスパ悪すぎ」の声 巨人杉内はここからが正念場

公開日: 更新日:

「9連戦の初戦を勝てばチームがラクになる。どんな形でもいいから勝ちたかった。うれしい」

 9日の阪神戦で、巨人の杉内俊哉(33)が7回2失点の好投。貫禄タップリに話したものの、チーム周辺には冷ややかな声もある。ベテランOBがこう言う。

「大きな1勝には違いないが、給料を考えれば当たり前。なにせ5億円でしょう。どう考えたって、それに見合う働きをしていません。費用対効果が悪すぎます」

 杉内の巨人移籍1年目は12勝4敗だった。といっても、チームが最も苦しい夏場すぎに離脱して、肝心のポストシーズンでの登板はゼロ。去シーズンは11勝6敗、防御率3.35と安定感がなく、日本シリーズで2敗。今年の9勝5敗、防御率3.16も胸を張れた数字ではない。それでも4年総額20億円でFA移籍だから、年俸はずっと5億円で来年も5億円なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る