ア・リーグは0%…?広島マエケンの意外な“移籍条件”

公開日: 更新日:

 意外な理由だが、本人には強いこだわりがあるようだ。

 今オフのメジャー移籍が濃厚とみられている広島前田健太(26)。米国でも注目の投手で、米地元紙ボストン・グローブは先日、レッドソックス、ヤンキース、レンジャーズ、カブスといった球団が獲得に名乗りを上げるのではないかと報じた。

 前田の移籍については、すでにあれこれ取り沙汰されている。「元女子アナの夫人は、温暖な気候の西海岸のチームを希望している。マエケンは女房の尻に敷かれている。マリナーズ、アスレチックス、エンゼルス、ドジャースなどが有力」という球界OBもいる。

 だが、広島のある関係者は「マエケンがメジャー移籍するとしたらナ・リーグの球団だと思う」と言ってこう続ける。
「彼は06年高校生ドラフトでうちが単独1位指名で取った選手だが、希望はセの球団だった。マエケンは打撃が大好き。セ・リーグなら投手でも打席に立てるからです。実際にバッティングはいいし、今でも下位打線でチャンスをつくると打つ気満々です。9日の中日戦でも1打席目に遊撃内野安打を放ち、3日の巨人戦でも三回の第1打席でセンター前ヒットを打っている。ここまで49打数8安打(打率・163)。8本のヒットは投手の安打数ではヤクルト石川(9本)に次ぐ数字ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る