ア・リーグは0%…?広島マエケンの意外な“移籍条件”

公開日:  更新日:

 意外な理由だが、本人には強いこだわりがあるようだ。

 今オフのメジャー移籍が濃厚とみられている広島の前田健太(26)。米国でも注目の投手で、米地元紙ボストン・グローブは先日、レッドソックス、ヤンキース、レンジャーズ、カブスといった球団が獲得に名乗りを上げるのではないかと報じた。

 前田の移籍については、すでにあれこれ取り沙汰されている。「元女子アナの夫人は、温暖な気候の西海岸のチームを希望している。マエケンは女房の尻に敷かれている。マリナーズ、アスレチックス、エンゼルス、ドジャースなどが有力」という球界OBもいる。

 だが、広島のある関係者は「マエケンがメジャー移籍するとしたらナ・リーグの球団だと思う」と言ってこう続ける。
「彼は06年高校生ドラフトでうちが単独1位指名で取った選手だが、希望はセの球団だった。マエケンは打撃が大好き。セ・リーグなら投手でも打席に立てるからです。実際にバッティングはいいし、今でも下位打線でチャンスをつくると打つ気満々です。9日の中日戦でも1打席目に遊撃内野安打を放ち、3日の巨人戦でも三回の第1打席でセンター前ヒットを打っている。ここまで49打数8安打(打率・163)。8本のヒットは投手の安打数ではヤクルト石川(9本)に次ぐ数字ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る