ア・リーグは0%…?広島マエケンの意外な“移籍条件”

公開日: 更新日:

 意外な理由だが、本人には強いこだわりがあるようだ。

 今オフのメジャー移籍が濃厚とみられている広島前田健太(26)。米国でも注目の投手で、米地元紙ボストン・グローブは先日、レッドソックス、ヤンキース、レンジャーズ、カブスといった球団が獲得に名乗りを上げるのではないかと報じた。

 前田の移籍については、すでにあれこれ取り沙汰されている。「元女子アナの夫人は、温暖な気候の西海岸のチームを希望している。マエケンは女房の尻に敷かれている。マリナーズ、アスレチックス、エンゼルス、ドジャースなどが有力」という球界OBもいる。

 だが、広島のある関係者は「マエケンがメジャー移籍するとしたらナ・リーグの球団だと思う」と言ってこう続ける。
「彼は06年高校生ドラフトでうちが単独1位指名で取った選手だが、希望はセの球団だった。マエケンは打撃が大好き。セ・リーグなら投手でも打席に立てるからです。実際にバッティングはいいし、今でも下位打線でチャンスをつくると打つ気満々です。9日の中日戦でも1打席目に遊撃内野安打を放ち、3日の巨人戦でも三回の第1打席でセンター前ヒットを打っている。ここまで49打数8安打(打率・163)。8本のヒットは投手の安打数ではヤクルト石川(9本)に次ぐ数字ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る