ゴルフ不人気の象徴 「プロと写真」イベントは遼以外“閑古鳥”

公開日: 更新日:

「せっかく主催者が高額賞金と会場に有名コースを用意したのに、出場選手がこれじゃあなぁ」

 これは大会関係者のボヤキだ。男子プロゴルフの「ダイヤモンドカップ」(茨城・大利根CC西C=7117ヤード・パー71)は、賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円。アジアナンバーワンのゴルファーを決めて、勝者にはアジアンツアーの出場権が与えられるという魅力的な大会だ。

 米ツアーから帰国している石川遼が10日前になって急きょ出場を決めた。初日は3バーディー、4ボギーの72で回り、1オーバー44位タイだった。

「ボギー先行だったので、いい流れにできなかった。アンダーパーで回らないといけないコンディションだった。前半でバタついてしまった」(石川)

 冒頭のボヤキは会場で行われた目玉イベント「チャリティーフォト」が全然盛り上がらなかったからだ。選手1人につき10人まで記念撮影できる権利。チャリティー1000円以上支払うことになり、入場者から希望を募ったところ、「一緒に写真を撮りたい」という選手が22人しかいなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  8. 8

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  9. 9

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る