ゴルフ不人気の象徴 「プロと写真」イベントは遼以外“閑古鳥”

公開日:  更新日:

「せっかく主催者が高額賞金と会場に有名コースを用意したのに、出場選手がこれじゃあなぁ」

 これは大会関係者のボヤキだ。男子プロゴルフの「ダイヤモンドカップ」(茨城・大利根CC西C=7117ヤード・パー71)は、賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円。アジアナンバーワンのゴルファーを決めて、勝者にはアジアンツアーの出場権が与えられるという魅力的な大会だ。

 米ツアーから帰国している石川遼が10日前になって急きょ出場を決めた。初日は3バーディー、4ボギーの72で回り、1オーバー44位タイだった。

「ボギー先行だったので、いい流れにできなかった。アンダーパーで回らないといけないコンディションだった。前半でバタついてしまった」(石川)

 冒頭のボヤキは会場で行われた目玉イベント「チャリティーフォト」が全然盛り上がらなかったからだ。選手1人につき10人まで記念撮影できる権利。チャリティー1000円以上支払うことになり、入場者から希望を募ったところ、「一緒に写真を撮りたい」という選手が22人しかいなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る