• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴルフ不人気の象徴 「プロと写真」イベントは遼以外“閑古鳥”

「せっかく主催者が高額賞金と会場に有名コースを用意したのに、出場選手がこれじゃあなぁ」

 これは大会関係者のボヤキだ。男子プロゴルフの「ダイヤモンドカップ」(茨城・大利根CC西C=7117ヤード・パー71)は、賞金総額1億5000万円、優勝賞金3000万円。アジアナンバーワンのゴルファーを決めて、勝者にはアジアンツアーの出場権が与えられるという魅力的な大会だ。

 米ツアーから帰国している石川遼が10日前になって急きょ出場を決めた。初日は3バーディー、4ボギーの72で回り、1オーバー44位タイだった。

「ボギー先行だったので、いい流れにできなかった。アンダーパーで回らないといけないコンディションだった。前半でバタついてしまった」(石川)

 冒頭のボヤキは会場で行われた目玉イベント「チャリティーフォト」が全然盛り上がらなかったからだ。選手1人につき10人まで記念撮影できる権利。チャリティー1000円以上支払うことになり、入場者から希望を募ったところ、「一緒に写真を撮りたい」という選手が22人しかいなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る