日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪ゴルフ会場に「霞ケ関CC」より「若洲GL」の声

 2020年東京五輪のゴルフ会場は、埼玉県の霞ケ関CCに決定したとの報道がすでにあったが、ここへ来て若洲ゴルフリンクス(東京)のほうがベストではないかという声が高まっている。

 東京五輪が掲げる「コンパクトなオリンピック」に都心から遠い霞ケ関CCはおかしいという理由からだ。

 若洲GLなら選手村やプレスセンターが近く、交通アクセスも問題ない。何より都所有で既存のパブリックコースだ。五輪後も都民やアマチュアゴルファーが継続利用できるうえ、ゴルフ界の発展にもつながる。またゴミの埋め立て地のため、エコや環境面を世界にアピールできる。五輪開催国や開催都市が長期にわたって継承、享受できる五輪の社会的、経済的、文化的恩恵を指すという「オリンピック・レガシー」の精神にふさわしいと、見直しを検討する動きが出てきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事