日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

JGTO海老沢会長が描く「男子ゴルフツアー復権」の青写真

 今季の国内男子ツアーは25試合(海外2試合を含む)。1983年の45試合から20試合も減った。日本ゴルフツアー機構(JGTO)の海老沢勝二会長(79)体制は2期3年目になったが、会長に男子ツアーはこれからどうなるのか聞いた。

――今年から放映権料で新たな取り組みがありました。

「新規大会の『ダンロップ・スリクソン福島オープン』は、放映権料がJGTOに入る仕組みになりました。これから新規大会は同様に働きかけていきます。私がNHKにいた時に、日本ゴルフ協会と交渉して日本オープン、女子オープン、シニアオープンの3試合に、計3億円の放映権料を支払っていました。2年前、JGTO会長に就任した時も当然、放映権料が入っているものだと思っていたら、ほとんどの大会で放映権料がない。どうやって経営が成り立っているのかと聞いたところ、選手の賞金をカットし、主催者から1試合につき1000万円を出してもらい、JGTOの運営資金に充てていた。これまで赤字は出さずに済んでいますが、このシステムを変えていきたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事