日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子ゴルフ伝統大会 コロコロとスポンサー変更の背景

 4週間ぶりに男子大会が再開されたと思ったら、上位には女子大会同様に韓国人選手がゾロゾロ。いったいどこの国でやってんだと嘆きたくなる向きも多いだろう。

 開催中の「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」は、真夏の大会として41年の歴史を持ち、かつては尾崎将司が3連覇するなど、華やかに大会だった。ところがスポンサーはダイワ精工(1989~93年)、久光製薬(94~04年)、アンダーアーマー(05、06年)、VanaH(08~13年)とコロコロ代わり、今年から創業5年目の地元不動産コンサルティング会社になった。どんな事情があったのか。広告代理店関係者がこういう。

「久光製薬が大会スポンサーを降りた際は、次がなかなか決まらず、主催の九州朝日放送はかなり安い金額で単年契約でも構わないからといって、あちこちに声を掛けていました。ようやく見つかったのがアンダーアーマーでしたが、それもわずか2年間しか続きませんでした。翌07年はとうとうスポンサーが見つからず、冠がつかなかった。地方放送局にとっては唯一、全国に情報発信できるイベントでCM料も入るから、主催者の権利を手放したくありません。かといって自社単独開催は、金銭面からいっても難しい。叩き売ってでも、スポンサーを集めるしかないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事