男子ゴルフ伝統大会 コロコロとスポンサー変更の背景

公開日: 更新日:

 4週間ぶりに男子大会が再開されたと思ったら、上位には女子大会同様に韓国人選手がゾロゾロ。いったいどこの国でやってんだと嘆きたくなる向きも多いだろう。

 開催中の「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」は、真夏の大会として41年の歴史を持ち、かつては尾崎将司が3連覇するなど、華やかに大会だった。ところがスポンサーはダイワ精工(1989~93年)、久光製薬(94~04年)、アンダーアーマー(05、06年)、VanaH(08~13年)とコロコロ代わり、今年から創業5年目の地元不動産コンサルティング会社になった。どんな事情があったのか。広告代理店関係者がこういう。

「久光製薬が大会スポンサーを降りた際は、次がなかなか決まらず、主催の九州朝日放送はかなり安い金額で単年契約でも構わないからといって、あちこちに声を掛けていました。ようやく見つかったのがアンダーアーマーでしたが、それもわずか2年間しか続きませんでした。翌07年はとうとうスポンサーが見つからず、冠がつかなかった。地方放送局にとっては唯一、全国に情報発信できるイベントでCM料も入るから、主催者の権利を手放したくありません。かといって自社単独開催は、金銭面からいっても難しい。叩き売ってでも、スポンサーを集めるしかないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る