男子ゴルフ伝統大会 コロコロとスポンサー変更の背景

公開日:  更新日:

 4週間ぶりに男子大会が再開されたと思ったら、上位には女子大会同様に韓国人選手がゾロゾロ。いったいどこの国でやってんだと嘆きたくなる向きも多いだろう。

 開催中の「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」は、真夏の大会として41年の歴史を持ち、かつては尾崎将司が3連覇するなど、華やかに大会だった。ところがスポンサーはダイワ精工(1989~93年)、久光製薬(94~04年)、アンダーアーマー(05、06年)、VanaH(08~13年)とコロコロ代わり、今年から創業5年目の地元不動産コンサルティング会社になった。どんな事情があったのか。広告代理店関係者がこういう。

「久光製薬が大会スポンサーを降りた際は、次がなかなか決まらず、主催の九州朝日放送はかなり安い金額で単年契約でも構わないからといって、あちこちに声を掛けていました。ようやく見つかったのがアンダーアーマーでしたが、それもわずか2年間しか続きませんでした。翌07年はとうとうスポンサーが見つからず、冠がつかなかった。地方放送局にとっては唯一、全国に情報発信できるイベントでCM料も入るから、主催者の権利を手放したくありません。かといって自社単独開催は、金銭面からいっても難しい。叩き売ってでも、スポンサーを集めるしかないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る