日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第14回>「あれ? 跳べるようになってる……」

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 長久保先生の指導を求めて全国からスケーターたちが集まる仙台での夏季合宿です。

「一般クラス」で先生からなかなか声をかけてもらえない私は、まず「名前を覚えてもらいたい」と、とにかく一生懸命でした。

 周りには高難度のジャンプを軽々とやっている選手が多く、できないことばかり。必死に練習についていこうとしました。

 後に先生にこの時の私の印象を聞くと、「決して上手じゃなかったけれど、踊りや演技を吸収したい意欲が出ていた」と言っていました。指導者は見ているものです。

 一方、同じリンクでは荒川(静香)さんや本田(武史)さんが、難度の高いコンビネーションジャンプやエッジワークをいとも簡単に成功させていました。当時から長野五輪(98年)に出場することが有力だった2人(実際に2人とも出場)。私の憧れの存在でもありましたから、一緒に練習ができるだけでも心が躍る。練習にくぎ付けでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事