日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第12回>「普通」じゃなかった小学生時代

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 小学4年の冬から休まず名古屋のリンクに通う毎日。やってみると本当に大変でした。

 平日は授業が終わる午後3時すぎになると、母が車で小学校の正門前に迎えに来ます。駅に向かう車中でランドセルをスケート用具、おやつ、弁当が入ったリュックと交換。豊橋駅に着くと、ひとりで名鉄電車の特急「パノラマカー」に飛び乗ります。

 乗り換えする名古屋市内の神宮前駅までは、およそ45分。車内でおやつを食べながら学校の宿題を終えると、ちょうど下車駅に到着。そこから電車を乗り継ぎ、午後5時すぎにようやくリンクにたどりつきます。

 休憩もそこそこに6時から練習開始。コーチとの個人レッスンを30分、自由練習を1時間30分。計2時間ほどの練習を終えると、夜8時30分すぎには、再び来た道をたどって自宅に向かいました。豊橋駅近くの実家に到着するのは夜10時すぎ。自宅に帰ってからは、テレビもほとんど見ずに就寝。翌朝8時すぎに再び学校に通うという日々でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事