あまりに早い主役交代…逸ノ城と遠藤の「決定的違い」とは?

公開日: 更新日:

 あまりにも早い主役交代だった。

 今場所、土俵を最も沸かせたのが新入幕の逸ノ城(21)。28日の千秋楽でも技巧派で鳴らす安美錦の攻めをいなし、押し出しで13勝目。優勝した横綱白鵬が結びの一番で負けていれば2敗同士の優勝決定戦と、最後まで秋場所を盛り上げた。

 192センチ、199キロの体格でも機敏に動き、常に冷静。技術も上位陣にひけを取らない。敢闘賞と殊勲賞を獲得し、優勝決定戦になった場合の白鵬戦についても「(負けた)昨日よりはちょっと、いけると思った」と言ってのける貪欲さもある。

 そこへいくと新入幕時は同じザンバラ髪ながら、逸ノ城に比べると人気だけの力士となってしまったのが遠藤(23)だ。
 今場所は3勝12敗。他の力士に勝るのは女性ファンの声援だけという体たらくだ。

 1年前は「日本人力士のホープ」と期待され、初場所は11勝。なぜ、ここまで凋落したのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る