あまりに早い主役交代…逸ノ城と遠藤の「決定的違い」とは?

公開日:  更新日:

 あまりにも早い主役交代だった。

 今場所、土俵を最も沸かせたのが新入幕の逸ノ城(21)。28日の千秋楽でも技巧派で鳴らす安美錦の攻めをいなし、押し出しで13勝目。優勝した横綱白鵬が結びの一番で負けていれば2敗同士の優勝決定戦と、最後まで秋場所を盛り上げた。

 192センチ、199キロの体格でも機敏に動き、常に冷静。技術も上位陣にひけを取らない。敢闘賞と殊勲賞を獲得し、優勝決定戦になった場合の白鵬戦についても「(負けた)昨日よりはちょっと、いけると思った」と言ってのける貪欲さもある。

 そこへいくと新入幕時は同じザンバラ髪ながら、逸ノ城に比べると人気だけの力士となってしまったのが遠藤(23)だ。
 今場所は3勝12敗。他の力士に勝るのは女性ファンの声援だけという体たらくだ。

 1年前は「日本人力士のホープ」と期待され、初場所は11勝。なぜ、ここまで凋落したのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る