「逸ノ城は横綱に」「日本人は弱い」朝青龍に反論できぬ相撲界

公開日:  更新日:

 2大関を料理した新入幕の逸ノ城(21)、26日はたったの0・9秒で横綱鶴竜を地に這わせた。

 立ち合いで一度つっかけたものの、2度目は左に変化し、はたき込み。両手をついた鶴竜は一瞬「信じられない」という顔をし、その後はムッとした表情で花道を引き揚げた。

 それにしても驚くべきは逸ノ城の「心技体」だ。相手は最高位の横綱にして、モンゴルの大先輩。今場所前は出稽古で胸を借りていた。そんな相手との初顔合わせで、あくまで勝ちにこだわる立ち合い変化。並の精神力ではとても出来ない。

 192センチ、199キロの巨体にもかかわらず、機敏に動けるのも特徴。技も豊富で機転も利く。NHKのインタビューで、逸ノ城は「(立ち合い変化は)最初から決めていた」と話した。担当記者は「その発言で気になったのが、つっかけです」とこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る