記録づくめ逸ノ城 関連グッズも“突貫工事”のてんやわんや

公開日: 更新日:

 ベテラン相撲記者が言うには、「小錦以来の衝撃」という。

 前日は立ち合い変化で大関稀勢の里を破ったモンゴルの新星、逸ノ城(21)。2日連続の大関戦となった12日目は、正面から豪栄道を粉砕してみせた。立ち合いで右下手を取って揺さぶると、豪栄道が腕を巻き替えたところを一気に寄り、最後は左の上手投げで土俵下に投げ捨てた。

 これで全勝の横綱白鵬に次ぐ11勝1敗だけに、角界は騒然。それどころか、土俵外でも担当記者らが記録をめぐって大わらわになっている。

 すでに確定しているのが、新入幕での2大関撃破。これは年6場所制になってからは00年の栃乃花(現二十山親方)以来、14年ぶりの記録。仮に優勝ともなれば、1914(大正3)年の両国(最高位関脇)以来、100年ぶり、史上2人目だ。

 さらに小結昇進の可能性もある。今場所は小結が東西揃って不調。東の常幸龍は4勝8敗、西の千代大龍は1勝10敗1休だ。ほかの平幕上位力士の成績次第では、逸ノ城がそこに割り込む可能性があり、新入幕2場所目の小結昇進が実現すれば、これは北の富士(元横綱)、大錦(現山科親方)以来3人目。初土俵から所要5場所目の小結は史上最速記録になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る