記録づくめ逸ノ城 関連グッズも“突貫工事”のてんやわんや

公開日: 更新日:

 ベテラン相撲記者が言うには、「小錦以来の衝撃」という。

 前日は立ち合い変化で大関稀勢の里を破ったモンゴルの新星、逸ノ城(21)。2日連続の大関戦となった12日目は、正面から豪栄道を粉砕してみせた。立ち合いで右下手を取って揺さぶると、豪栄道が腕を巻き替えたところを一気に寄り、最後は左の上手投げで土俵下に投げ捨てた。

 これで全勝の横綱白鵬に次ぐ11勝1敗だけに、角界は騒然。それどころか、土俵外でも担当記者らが記録をめぐって大わらわになっている。

 すでに確定しているのが、新入幕での2大関撃破。これは年6場所制になってからは00年の栃乃花(現二十山親方)以来、14年ぶりの記録。仮に優勝ともなれば、1914(大正3)年の両国(最高位関脇)以来、100年ぶり、史上2人目だ。

 さらに小結昇進の可能性もある。今場所は小結が東西揃って不調。東の常幸龍は4勝8敗、西の千代大龍は1勝10敗1休だ。ほかの平幕上位力士の成績次第では、逸ノ城がそこに割り込む可能性があり、新入幕2場所目の小結昇進が実現すれば、これは北の富士(元横綱)、大錦(現山科親方)以来3人目。初土俵から所要5場所目の小結は史上最速記録になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る