史上最速の大関撃破 逸ノ城「動ける200キロ」の実力

公開日:  更新日:

 その取組の直前だけは国技館内のみならず、記者や力士で賑わう支度部屋さえも、水を打ったように静まり返った。

 11日目に新入幕の逸ノ城(21)と大関稀勢の里(28)が対戦。逸ノ城にとって、これが初めての大関戦だ。新入幕ながら9勝1敗の逸材は大関に通用するのか。日本人最強といわれるガチンコ大関は“モンゴルの怪物”とどう戦うのか。2度、立ち合いの呼吸が合わずに逸ノ城がつっかけると、緊迫した空気はいよいよ増したように思えた。

 しかし、注目の一番はあっけなく終わった。逸ノ城が立ち合いで左に変化をしてはたき込むと、稀勢の里はそのまま土俵にベッタリ。まさかの幕切れに館内は「あーあ……」というファンのため息に包まれ、支度部屋の力士も「あれはやっちゃいかんだろう……」と思わず漏らした。

■これまでの200キロ力士より動きが軽快

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る