遠藤頼みで客寄せも…協会幹部ヒヤヒヤ「いつ実力バレるか」

公開日: 更新日:

「遠藤? ありゃあダメだよ。横綱どころか、大関だって無理さ」

 名古屋場所前、ある放送関係者はこの言葉を聞いて耳を疑ったという。相手は現役の協会幹部。それがよりによって、看板力士をくさしたのだ。

 相撲協会は営業面で平幕の遠藤(23)に頼りきり。入門1年5カ月で携帯ストラップなどの個人グッズを作り、国技館の前には女性ファンが遠藤にお姫様抱っこしてもらった写真を撮れるパネルを設置。4月の春巡業では、石川県出身の遠藤にとって縁もゆかりもない群馬巡業の宣伝活動にも使った。

 これだけ人気にあやかりながら、肝心の実力は見掛け倒しの「張り子の虎」だという。少なくとも親方連中のほとんどはそう思っている。初土俵から所要3場所での新入幕は、史上最速のスピード出世。もっか6場所連続平幕とはいえ、先場所は横綱鶴竜を破り、金星を挙げているにもかかわらず、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  6. 6

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  7. 7

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る