遠藤頼みで客寄せも…協会幹部ヒヤヒヤ「いつ実力バレるか」

公開日:  更新日:

「遠藤? ありゃあダメだよ。横綱どころか、大関だって無理さ」

 名古屋場所前、ある放送関係者はこの言葉を聞いて耳を疑ったという。相手は現役の協会幹部。それがよりによって、看板力士をくさしたのだ。

 相撲協会は営業面で平幕の遠藤(23)に頼りきり。入門1年5カ月で携帯ストラップなどの個人グッズを作り、国技館の前には女性ファンが遠藤にお姫様抱っこしてもらった写真を撮れるパネルを設置。4月の春巡業では、石川県出身の遠藤にとって縁もゆかりもない群馬巡業の宣伝活動にも使った。

 これだけ人気にあやかりながら、肝心の実力は見掛け倒しの「張り子の虎」だという。少なくとも親方連中のほとんどはそう思っている。初土俵から所要3場所での新入幕は、史上最速のスピード出世。もっか6場所連続平幕とはいえ、先場所は横綱鶴竜を破り、金星を挙げているにもかかわらず、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る