• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君が今季を総括 2カ月の戦線離脱は「財産になっている」

「(今季は)半分ぐらいしか働けなかったし、悔しいシーズンでした」――。

 ヤンキース・田中将大(25)が1日(日本時間2日)、ニューヨーク市内のホテルで今季の総括会見を行い、不完全燃焼に終わったメジャー1年目をこう振り返った。

 今季は4月4日のブルージェイズ戦でデビュー戦初勝利をマーク。その後も順調に白星を積み重ね、7月までに12勝を挙げながら、右肘靱帯を部分断裂し故障者リスト(DL)入り(今季13勝5敗、防御率2.77)。約2カ月間、戦線離脱を余儀なくされたが「いろいろと経験させてもらったことは財産になっている。それをうまく活用していきたい」と前向きに話した。

 今後しばらくは静養に努めた後、痛めた右肘周辺の筋力や体幹を強化して来春のキャンプに備える。依然として患部にメスを入れる可能性もあるが、「ケガの再発を気にしていたらプレーできない。靱帯は切れる時は切れる。慎重ながら悔いの残らないようプレーしたい」とキッパリと言い切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る