なでしこに圧勝の北朝鮮女子 “ニンジン”欲しさに何でもアリ

公開日: 更新日:

 アジア大会女子サッカー決勝で日本(FIFAランク3位)を3―1で破り、2大会ぶりの優勝を果たした北朝鮮(同11位)は、完敗まであるという下馬評を覆す積極的な攻撃で、終始日本を圧倒した。

 北朝鮮では、国際大会でメダルを取れる種目にしぼって強化するのが一般的。その強化対象の一つがサッカーで、女子チームも全国から体力、持久力に自信のある精鋭が半ば強制的に集められている。そんな選手ばかりだからか、「数々の国際大会で問題を引き起こす北朝鮮選手団の中でも、女子サッカー代表は特に『血気盛ん』と評判。他国の選手団からも恐れられていた」(北朝鮮事情通)という。

 実際、06年のアジアカップ準決勝(対中国戦)では、判定に不満を抱いたGKが主審に手を出して退場処分に。試合後も納得がいかない選手たちは、ペットボトルを観客席に投げ込むわ、審判団を襲撃するわでやりたい放題だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

もっと見る