なでしこに圧勝の北朝鮮女子 “ニンジン”欲しさに何でもアリ

公開日:  更新日:

 アジア大会女子サッカー決勝で日本(FIFAランク3位)を3―1で破り、2大会ぶりの優勝を果たした北朝鮮(同11位)は、完敗まであるという下馬評を覆す積極的な攻撃で、終始日本を圧倒した。

 北朝鮮では、国際大会でメダルを取れる種目にしぼって強化するのが一般的。その強化対象の一つがサッカーで、女子チームも全国から体力、持久力に自信のある精鋭が半ば強制的に集められている。そんな選手ばかりだからか、「数々の国際大会で問題を引き起こす北朝鮮選手団の中でも、女子サッカー代表は特に『血気盛ん』と評判。他国の選手団からも恐れられていた」(北朝鮮事情通)という。

 実際、06年のアジアカップ準決勝(対中国戦)では、判定に不満を抱いたGKが主審に手を出して退場処分に。試合後も納得がいかない選手たちは、ペットボトルを観客席に投げ込むわ、審判団を襲撃するわでやりたい放題だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る