金正恩は通風に脳卒中 拉致どころじゃない北の惨状

公開日:  更新日:

 日本もとことん、なめられたものではないか。北朝鮮に迫っていた拉致被害者らの再調査だ。当初、北は「夏の終わりから秋の初め」に初回の調査報告を出すと言っていた。それが9月中旬になって、「大幅に遅れる」ことになり、揚げ句、伊原純一アジア大洋州局長が瀋陽で宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使と直談判したところ、「平壌まで説明を聞きに来い」と言われてしまったのである。

「明らかに日本側の焦りばかりが目立った日朝協議でしたね。冒頭、伊原局長は<拉致問題の結果の速やかな報告>を求めたが、宋大使は拉致という言葉を一言も使わず、<今回の会談は互いの立場をより明確にする協議だ>とにべもなかった。午前の会談が終わると、宋大使は悠然とランチに出かけ、日本側は会場にこもって弁当を食べた。かと思うと、宋大使は日本人記者団に<君たちが(拉致被害者は生きているなどと)たきつけているから誤解が生じているんだ>と捨てぜりふです」(現地で取材したジャーナリストの太刀川正樹氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る