• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金正恩は通風に脳卒中 拉致どころじゃない北の惨状

 日本もとことん、なめられたものではないか。北朝鮮に迫っていた拉致被害者らの再調査だ。当初、北は「夏の終わりから秋の初め」に初回の調査報告を出すと言っていた。それが9月中旬になって、「大幅に遅れる」ことになり、揚げ句、伊原純一アジア大洋州局長が瀋陽で宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使と直談判したところ、「平壌まで説明を聞きに来い」と言われてしまったのである。

「明らかに日本側の焦りばかりが目立った日朝協議でしたね。冒頭、伊原局長は<拉致問題の結果の速やかな報告>を求めたが、宋大使は拉致という言葉を一言も使わず、<今回の会談は互いの立場をより明確にする協議だ>とにべもなかった。午前の会談が終わると、宋大使は悠然とランチに出かけ、日本側は会場にこもって弁当を食べた。かと思うと、宋大使は日本人記者団に<君たちが(拉致被害者は生きているなどと)たきつけているから誤解が生じているんだ>と捨てぜりふです」(現地で取材したジャーナリストの太刀川正樹氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  6. 6

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  7. 7

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  8. 8

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  9. 9

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る