• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前田移籍に影響も 韓国左腕・金廣鉉の活躍にメジャーが注目

 メジャーのスカウトの間でアジア大会に出場している韓国人左腕の評価が日増しに高まっている。

 今大会、メジャーが注目しているのは社会人主体で編成した日本よりも、オールプロのドリームチームで臨んでいる韓国代表だ。中でも、今オフの移籍市場の主役になるとみられているのが、韓国代表のエース左腕、金廣鉉(26)だ。SKワイバーンズのエースでもあり、188センチの長身から繰り出すMAX155キロの直球にカーブ、シンカー、スライダーが武器。今季はここまで25試合に登板して12勝9敗。防御率3・39はリーグ2位だ。今大会はタイとの初戦に先発して2回を無安打無失点に抑えた。

 今オフ、海外FA権を行使してのメジャー移籍が有力視されており、メジャーの複数のチームが今大会にスカウトを派遣している。

 12年オフ、ドジャースに移籍し、2年連続2ケタ勝利をマークしている同じ左腕の柳賢振(27)の活躍もあり、メジャーでは韓国人投手の評価が高まっている。金は来年の7月で27歳。メジャーでも貴重な左腕だけに、さるナ・リーグのスカウトによれば「1年目から先発3~4番手を任せられる」という。

 今オフには広島・前田もメジャー移籍が噂される。アジア大会での韓国人左腕の活躍次第では、前田の移籍にも影響しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る