ネックは人望か待遇か 難航する楽天の「大久保新体制」

公開日: 更新日:

「組閣がなかなか進まないみたいだね…」

 楽天OBが心配顔でこう言った。

 楽天の次期監督に内定している大久保博元二軍監督(47)。三木谷オーナーとフロントの要職に就任する星野監督による会談が行われ、近日中にも正式発表される。すでに新政権の「組閣」も進められているというのだが…。

 冒頭のOBがこう続ける。
「二軍監督には大石知宜二軍コーチの就任が内定しているらしいが、ヘッドコーチはなり手がいない。佐藤義則一軍投手コーチ、田代一軍打撃コーチの退団がウワサされていて、後任がなかなか決まらないようだ。デーブ(大久保)はアーリーワークを取り入れるなど、コーチの仕事量が多い。外部から呼ぶにしても、コーチは契約金がない上に、年俸も他球団と比べて薄給ということもあるみたいだね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  8. 8

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  9. 9

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る