打撃絶不調なのに 日ハム栗山監督はなぜ大谷を先発させない

公開日: 更新日:

 短期決戦だからこそ確実に1勝を取りにいくべきではないか。日本ハム・栗山監督のCSでの大谷翔平(20)の起用法である。

 大谷は11日のCSファーストステージ初戦(対オリックス戦)に先発。その後は「(ファイナルステージ全体で)投げても1試合なら、ファイナルの登板は捨ててでも、全部(打者として)使った方がいい」という栗山監督の方針で、ファイナルステージは「指名打者」として出場を続けている。

 しかし、指揮官の期待とは裏腹に、DH大谷はCSファーストステージでの1試合を含め、ファイナルステージ第2戦までの3試合で13打数1安打、6三振。バットは湿りっぱなし。大谷が指名打者に座っていることで、CS4試合17打数8安打と絶好調の小谷野をベンチに置かざるを得ない歪みも生じている。

 それでも栗山監督は、大谷の野手起用を貫く方針。「投手・大谷」はファイナルステージが20日の第6戦までもつれた場合だけだという。16日に勝って対戦成績は1勝2敗。大谷は18日の第4戦に先発起用できるのに、当初の予定を変えるつもりはないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る