打撃絶不調なのに 日ハム栗山監督はなぜ大谷を先発させない

公開日:  更新日:

 短期決戦だからこそ確実に1勝を取りにいくべきではないか。日本ハム・栗山監督のCSでの大谷翔平(20)の起用法である。

 大谷は11日のCSファーストステージ初戦(対オリックス戦)に先発。その後は「(ファイナルステージ全体で)投げても1試合なら、ファイナルの登板は捨ててでも、全部(打者として)使った方がいい」という栗山監督の方針で、ファイナルステージは「指名打者」として出場を続けている。

 しかし、指揮官の期待とは裏腹に、DH大谷はCSファーストステージでの1試合を含め、ファイナルステージ第2戦までの3試合で13打数1安打、6三振。バットは湿りっぱなし。大谷が指名打者に座っていることで、CS4試合17打数8安打と絶好調の小谷野をベンチに置かざるを得ない歪みも生じている。

 それでも栗山監督は、大谷の野手起用を貫く方針。「投手・大谷」はファイナルステージが20日の第6戦までもつれた場合だけだという。16日に勝って対戦成績は1勝2敗。大谷は18日の第4戦に先発起用できるのに、当初の予定を変えるつもりはないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る