打撃絶不調なのに 日ハム栗山監督はなぜ大谷を先発させない

公開日: 更新日:

 短期決戦だからこそ確実に1勝を取りにいくべきではないか。日本ハム・栗山監督のCSでの大谷翔平(20)の起用法である。

 大谷は11日のCSファーストステージ初戦(対オリックス戦)に先発。その後は「(ファイナルステージ全体で)投げても1試合なら、ファイナルの登板は捨ててでも、全部(打者として)使った方がいい」という栗山監督の方針で、ファイナルステージは「指名打者」として出場を続けている。

 しかし、指揮官の期待とは裏腹に、DH大谷はCSファーストステージでの1試合を含め、ファイナルステージ第2戦までの3試合で13打数1安打、6三振。バットは湿りっぱなし。大谷が指名打者に座っていることで、CS4試合17打数8安打と絶好調の小谷野をベンチに置かざるを得ない歪みも生じている。

 それでも栗山監督は、大谷の野手起用を貫く方針。「投手・大谷」はファイナルステージが20日の第6戦までもつれた場合だけだという。16日に勝って対戦成績は1勝2敗。大谷は18日の第4戦に先発起用できるのに、当初の予定を変えるつもりはないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る