日本人女子がアン・ソンジュに「勝てない理由」をプロが指摘

公開日:  更新日:

 富士通レディース(千葉・東急700C西コース=6635ヤード・パー72)の主役は、やはりアン・ソンジュ(27)だった。

 優勝争いは、最終組の3人がそのままプレーオフに突入。1ホール目にバーディーを決めたアンが2週連続、今季5勝目(ツアー通算18勝)を挙げた。今大会は4年ぶり2度目の勝利。賞金ランクでは2位イ・ボミに2500万円以上も差を広げて3度目の賞金女王タイトルに大きく前進した。

 いつもアンが勝つシーンばかり目にするが、どうして日本人プロは勝てないのか? 田原紘プロがこう指摘する。

「クルマに例えるなら、アンは3000㏄の排気量を持ちながら、エンジンをフル回転させないで余裕の運転(プレー)をしていた。一方、横峯と菊地は2000㏄の排気量しかないのに3000㏄クラスと張り合うわけですから、どうしても無理を重ねて、終盤になればひずみが出てくる。一番大きな差はパンチショットが打てるかどうかです。アンは右足かかとを上げずにダウンで左わきを締め、ひざと腰をしっかり使うパンチショットが打てる。風に影響されず5ヤード刻みでタテの距離感が合ってくる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る