日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国選手に賞金さらわれ…そして誰も見なくなるゴルフ中継

 先週の国内ゴルフツアーは男女とも韓国選手が優勝した。

 男子のトーシン・トーナメントは金髪でサングラスをかけてプレーしたI・H・ホ(27)が最多アンダーパーの日本ツアー新記録となる通算28アンダーで初優勝。

 女子のスタンレーレディスはアン・ソンジュ(27)が逆転で今季4勝目。獲得賞金は1億2000万円を突破してランク首位に躍り出た。

 そして男女とも2位も韓国選手と、日本選手は優勝争いにまったく関係なかった。

 国内で試合を開催して、韓国選手にまるきり歯が立たず高額賞金をいとも簡単にさらわれた格好だ。

 ゴルフファンで作家の神崎京介氏がこう言う。

「私は韓国選手の活躍を好んで見ることはないので、最終日のテレビ中継は男女とも見る気がしなかった。今のような状況では、日本のゴルフの発展には結びつかないと思う。男子は、今後もスポンサーが降りてしまう大会が出てくるだろう。日本人はメンタルや技術で、韓国選手に大差をつけられているのは確かだけど、戦っている気迫が全く伝わってこない。ゴルフ番組を見ていると、日本の選手同士がなれ合っている感じがして、真剣勝負なんかできないだろうと感じる。そう思うと、ゴルフ中継はつまらないから、ますます見なくなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事