• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まさかのBクラス…大型補強主導したロッテ球団社長を直撃

 昨オフにFAで涌井秀章(28)、シーズン途中にもキューバの大砲・デスパイネ(28)を加入させるなど大型補強を敢行したロッテだが、チームは期待もむなしく、Bクラスに沈んだ。
 この結果を球団はどう見ているのか。元敏腕銀行マンで今季から球団トップとしてチームの大型補強を主導したといわれる山室晋也球団社長(54)を直撃した。

――シーズン開幕前は優勝候補の一角と期待されながら、最終的にはBクラス。率直に今のご感想は。

「なかなか(プロ野球は)思うようにはいかないということ。それに尽きます」

――ここ数年、大型補強をしなかったロッテが山室社長の就任に伴って方針を転換。「使うところには(資金を)使う」と、西武からFAした涌井に大金(年俸2億2000万円)を費やした。しかし、涌井は精彩を欠いて、結局8勝12敗(防4.21)。これがロッテにとって大きな誤算だったと思いますが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る