まさかのBクラス…大型補強主導したロッテ球団社長を直撃

公開日: 更新日:

 昨オフにFAで涌井秀章(28)、シーズン途中にもキューバの大砲・デスパイネ(28)を加入させるなど大型補強を敢行したロッテだが、チームは期待もむなしく、Bクラスに沈んだ。
 この結果を球団はどう見ているのか。元敏腕銀行マンで今季から球団トップとしてチームの大型補強を主導したといわれる山室晋也球団社長(54)を直撃した。

――シーズン開幕前は優勝候補の一角と期待されながら、最終的にはBクラス。率直に今のご感想は。

「なかなか(プロ野球は)思うようにはいかないということ。それに尽きます」

――ここ数年、大型補強をしなかったロッテが山室社長の就任に伴って方針を転換。「使うところには(資金を)使う」と、西武からFAした涌井に大金(年俸2億2000万円)を費やした。しかし、涌井は精彩を欠いて、結局8勝12敗(防4.21)。これがロッテにとって大きな誤算だったと思いますが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る