• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有原獲得の日ハム 栗山監督が夢見る2年後の「3本柱」構想

「もし、有原を取れたら大谷、有原、田中の3本柱でしばらく安泰なんだけど……」

 今季のシーズン中のこと、日本ハムの栗山監督は親しい球界関係者にこう話していたという。その有原航平(早大=22)を見事獲得した日ハム。阪神、広島、DeNAの4球団の競合の末に当たりクジを引き当てた。

 これで大谷、有原は揃ったものの、栗山監督の言う「田中」なんて投手は日ハムにはいない。それもそのはず、現在創価大2年生の田中正義のことだからだ。

 有原はMAX156キロの大学ナンバーワン投手といわれているが、同じ右腕でも田中はそれ以上の逸材ともっぱら。スカウトの間でも、「有原と比べても、ものが違う。今すぐプロ入りしてほしいくらい」と評価が高い。

 それにしても、田中がドラフトにかかるのは2年後。田中が評判通りの実力なら有原以上に指名が集中するだろう。まるで田中獲得が確定しているような栗山監督の言い方は気になるところだ。ある球界関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る