有原獲得の日ハム 栗山監督が夢見る2年後の「3本柱」構想

公開日:  更新日:

「もし、有原を取れたら大谷、有原、田中の3本柱でしばらく安泰なんだけど……」

 今季のシーズン中のこと、日本ハムの栗山監督は親しい球界関係者にこう話していたという。その有原航平(早大=22)を見事獲得した日ハム。阪神、広島、DeNAの4球団の競合の末に当たりクジを引き当てた。

 これで大谷、有原は揃ったものの、栗山監督の言う「田中」なんて投手は日ハムにはいない。それもそのはず、現在創価大2年生の田中正義のことだからだ。

 有原はMAX156キロの大学ナンバーワン投手といわれているが、同じ右腕でも田中はそれ以上の逸材ともっぱら。スカウトの間でも、「有原と比べても、ものが違う。今すぐプロ入りしてほしいくらい」と評価が高い。

 それにしても、田中がドラフトにかかるのは2年後。田中が評判通りの実力なら有原以上に指名が集中するだろう。まるで田中獲得が確定しているような栗山監督の言い方は気になるところだ。ある球界関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る