「ドラ1位指名」9球団 早大・有原が抱える2つの“不安材料”

公開日:  更新日:

「好調時は速球が150キロを超え、スライダーも打者の手元でキレる。コーナーを突く制球力もあります。ポテンシャル自体は今年、ルーキーながら2ケタ勝った広島の大瀬良やロッテの石川より上。毎年、15勝するだけの潜在能力はある」

 こう言うのはセ・リーグのある編成担当者。2日後の23日に迫ったドラフト会議の目玉である早大の有原航平投手(4年=広陵)に関してだ。

 この編成担当者の球団が行ったシミュレーションによれば、「西武は高橋光成投手(前橋育英)の1位指名を公表したし、安楽智大投手(済美)を単独で狙う球団も出てくる。巨人は岡本和真内野手(智弁学園)にいくかもしれないけど、それ以外、ほとんどの球団は有原にいきそう。すでに1位指名を公表した広島をはじめ、計8~9球団が1位でいく」というものだったそうだ。

 それでも、この編成担当者が「ポテンシャルは……」とか「潜在能力は……」といった、ただし書きを付けるのはそれなりの理由がある。有原にはフィジカル面と精神面に不安材料があるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る