「中日には一貫性」 “流しのブルペン捕手”が見たドラフト会議

公開日: 更新日:

 ドラフトの成功の可否は、指名選手を見てそこに「ストーリー」があるかどうかが大事です。

 即戦力が必要なのか、将来性を見越した指名なのか。こういう戦略を持って指名したと、きちんと説明がつくかどうか。「バランスよく取れた」という監督やフロントの話をよく聞きます。聞こえはいいですが、あぶはち取らずになるケースもあります。私は戦略に一貫性があるかどうかを評価の基準にしています。

 その点、中日の指名は、派手さはないがズラリと即戦力の選手を並べた。育成を除けば高校生の指名はゼロ。9人全てが大学、社会人だ。選手の高齢化が進み、若手の台頭にも時間がかかっている。切迫したチーム事情があるにせよ、明確な方向性を感じました。

 1位の野村亮介(三菱日立横浜)は私が実際にボールを受け、ほれ込んだ投手。内外角、私が構えたところに90%の確率で投げ込んでくる制球力の高さ。しかも、低めにスーッと伸びてくる。緩急で打者のタイミングを外せる上、年間通してコンスタントに力を発揮できる精神力も魅力です。21歳で伸びしろもある。将来はエース吉見に匹敵する主力投手になれるとみています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る