原監督「3塁」明言 巨人はドラ1岡本で4番・村田を“肩叩き”

公開日:  更新日:

 この男が貧打に泣いたチームの救世主になるか。巨人は1位で高校通算73本塁打の智弁学園・岡本和真内野手(18)を指名した。

 楽天、ロッテと競合する可能性があったものの、フタを開けてみれば一本釣り。原監督(56)は「単独指名という形で願ったり。巨人にとってもファンも非常に喜んでいると思う。無限の可能性を秘めている。私も汗をかき、一緒に泥んこになりながら成長していきたい」と興奮気味に話した。本職は一塁で、三塁、外野もできるという触れ込みのポジションについては「一塁より大型三塁手に育てたい」とキッパリ言った。

 将来は「4番・三塁」に。これは今季の開幕「4番・三塁」の村田修一(33)への“肩叩き”に他ならない。村田は今季、打率・256と不振にあえいだ。4番の座を守れなかったため、計8人が打つはめになった。原監督は来季は阿部や村田に頼らないチームをつくるという方針を打ち出している。とはいえ、岡本はまだ高校生。焦らずにじっくり育成するかと思いきや、「誰しもが大いにチャンスがある世界。ゆったりとやっていこうなんて人は誰もいないでしょう」と1年目でもチャンスがあるとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る