原監督「3塁」明言 巨人はドラ1岡本で4番・村田を“肩叩き”

公開日:  更新日:

 この男が貧打に泣いたチームの救世主になるか。巨人は1位で高校通算73本塁打の智弁学園・岡本和真内野手(18)を指名した。

 楽天、ロッテと競合する可能性があったものの、フタを開けてみれば一本釣り。原監督(56)は「単独指名という形で願ったり。巨人にとってもファンも非常に喜んでいると思う。無限の可能性を秘めている。私も汗をかき、一緒に泥んこになりながら成長していきたい」と興奮気味に話した。本職は一塁で、三塁、外野もできるという触れ込みのポジションについては「一塁より大型三塁手に育てたい」とキッパリ言った。

 将来は「4番・三塁」に。これは今季の開幕「4番・三塁」の村田修一(33)への“肩叩き”に他ならない。村田は今季、打率・256と不振にあえいだ。4番の座を守れなかったため、計8人が打つはめになった。原監督は来季は阿部や村田に頼らないチームをつくるという方針を打ち出している。とはいえ、岡本はまだ高校生。焦らずにじっくり育成するかと思いきや、「誰しもが大いにチャンスがある世界。ゆったりとやっていこうなんて人は誰もいないでしょう」と1年目でもチャンスがあるとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る