日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大舞台ほどリラックス 阪神・西岡に生える“ぶっとい毛”

「緊張感が最大の集中力を生んでくれる」

 巨人とのCSでは、攻守にわたって存在感を見せつけた阪神の西岡剛(30)。前日練習でこう言って胸を張っていたが、この男の辞書に「緊張」なんて文字はないはずだ。

 ロッテ時代の05、10年に日本一を経験。06年に行われた第1回WBCでは、8試合に出場。打率.355、2本塁打(日本代表ではいずれも2位タイの成績)で世界一に貢献した。
 08年北京五輪の日本代表はメダルなしに終わるも、西岡自身は打率.455と打ちまくり、出場8カ国の選手の中で3位の数字を残した。

 日本代表戦を取材してきた、ある記者が言う。
「西岡は、06年WBC第2ラウンドの米国戦では、二塁ベース上で遊撃を守るメジャーのスーパースター、ジーターに握手を求めてナインのひんしゅくを買った。北京五輪の時も、試合の直前まで携帯でゲームをやっていてチーム関係者たちを呆れさせた。一方で頭は常に冷静です。05年の日本シリーズや06年WBCの決勝戦では、一、二塁間にプッシュバントを決めてゲームの流れを引き寄せた。大舞台になるほどリラックスして、いつも以上の力を発揮する、日本人にはちょっと珍しいタイプの選手です」

 日本シリーズは、1番・三塁でのスタメン出場が濃厚。舞台が国内の頂上決戦では、ちと物足りないかもしれないが、日本シリーズの経験者が少ない阪神にあっては頼りになる男であることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事