株主総会でヤリ玉も腐らず 阪神・福留孝介が持つ「芯の強さ」

公開日:  更新日:

「去年、今年の前半は期待通りの活躍ができなかった。ファンからの批判も激しかった。でも彼は気にするそぶりを見せず、むしろ真正面から受け止めていた。『それは自分の責任だから』と……」

 阪神のチーム関係者が、福留孝介(37)に関してこう証言する。

 今季終盤、本来の輝きを取り戻した。9月から今季終了まで打率.357、4本塁打、13打点。広島とのCSファーストステージで、両軍唯一の得点となるソロ本塁打を放つと、巨人とのファイナルステージでも攻守に躍動して日本シリーズ進出に貢献。阪神ファンから大喝采を浴びた。

 これまではヤジの方が多かった。中日時代に首位打者をはじめ数多くのタイトルを獲得した名選手も、13年に阪神入団以降は苦難続き。昨季は、5月に左膝半月板を手術し、打率・198、6本塁打と低迷。今季は開幕直後の巨人戦で守備の際に西岡と激突。鎖骨を折るなどの大ケガを負った。西岡と激突してからはバットを振るのはもちろん、肺も傷つき、走るだけで激痛に襲われたという。それでも試合に出続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る