• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

株主総会でヤリ玉も腐らず 阪神・福留孝介が持つ「芯の強さ」

「去年、今年の前半は期待通りの活躍ができなかった。ファンからの批判も激しかった。でも彼は気にするそぶりを見せず、むしろ真正面から受け止めていた。『それは自分の責任だから』と……」

 阪神のチーム関係者が、福留孝介(37)に関してこう証言する。

 今季終盤、本来の輝きを取り戻した。9月から今季終了まで打率.357、4本塁打、13打点。広島とのCSファーストステージで、両軍唯一の得点となるソロ本塁打を放つと、巨人とのファイナルステージでも攻守に躍動して日本シリーズ進出に貢献。阪神ファンから大喝采を浴びた。

 これまではヤジの方が多かった。中日時代に首位打者をはじめ数多くのタイトルを獲得した名選手も、13年に阪神入団以降は苦難続き。昨季は、5月に左膝半月板を手術し、打率・198、6本塁打と低迷。今季は開幕直後の巨人戦で守備の際に西岡と激突。鎖骨を折るなどの大ケガを負った。西岡と激突してからはバットを振るのはもちろん、肺も傷つき、走るだけで激痛に襲われたという。それでも試合に出続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る