京大・田中超えがゴロゴロ 異才集まるメジャーのスゴさ

公開日:  更新日:

 23日のドラフト会議でロッテから2位指名を受けた田中英祐(22=京大・工学部)の「フィーバー」が止まらない。

 最速149キロの直球を武器に関西学生リーグで8勝、防御率2.25という実力もあって、ドラフト直後からマスコミは大騒ぎ。24日に京大で行われたロッテの指名挨拶には、地元メディアだけでなく、全国から報道陣が殺到する異様な過熱ぶりだった。

 しかし、高学歴のプロ野球選手なんてメジャーにはゴロゴロいる。

 例えば現役選手なら07年からヤンキース、パイレーツなどで活躍するR・オーレンドルフ投手(32=現ナショナルズ)。米国の名門プリンストン大学で経営工学や財政学を専攻。トップクラスの成績で卒業した。今でも現役を続けながら、オフに牧場や会社経営に携わっている。

 他にもJ・フランシス投手(33=今季途中までヤンキースに在籍)はブリティッシュ・コロンビア大で自然科学を専攻。主に流体力学を学んでメジャー入りした異色の経歴を持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る