• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

沢村賞のオリ金子 突如「メジャー志向」発言の陰に代理人あり

「先発投手として目指すところでもありますし、やっぱりうれしいですね」

 27日、こうコメントしたのが、沢村賞を初受賞したオリックスの金子千尋(30)。今季16勝5敗、防御率1.98で最多勝と防御率の「投手2冠」を獲得。沢村賞受賞も納得だが、そんな右腕の注目はやはり今オフの去就だろう。

 今年8月に国内FA権を取得。当初は国内の他チームへFA移籍すると思われた。ところが、ここにきて本人が「そういう選択肢も含めて」と、入札制度によるメジャー移籍を球団に直訴する可能性を示唆。日本ハムとのCSファーストステージ敗退直後にはお忍びで米サンフランシスコに飛び、ワールドシリーズを現地観戦したものだから、球団もビックリである。

 というのも、チーム内では「金子にメジャー志向があるとは聞いたことがない。ありえませんよ」という見方が大半だった。それに順調にいけば来シーズン中に「海外FA権」を取得。誰に気を使うこともなく、メジャーに移籍できる。なぜあえて今オフに「入札制度」を使ってメジャー移籍を考え始めたのか、分からないというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る