• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移籍か残留かで揺れるオリ金子 囁かれる去就の意外なネック

 オリックスが今季国内FA権を取得したエース金子千尋投手(30)の引き留めに動くことが14日、明らかになった。条件は3年で12億円とも15億円ともいわれ、イチローに匹敵する大型契約の可能性が報じられている。

 今季16勝5敗、防御率1.98で最多勝と最優秀防御率の投手2冠を獲得した押しも押されもせぬパのエース金子を獲得せんと、巨人や阪神、ソフトバンクといった金満球団は腕をぶしているのは知られたこと。

 だが、オリックス関係者は「意外なことが移籍のネックになりそうだ」とこう言う。

「ひとつは家族。金子は子煩悩で、とにかく家族を大事にしている。移籍となれば、子供の環境を考えて単身赴任になるだろうが、そもそも家族と離れるのを嫌がるタイプだから」

 球場を訪れた妻子をかいがいしく世話をする金子の姿を見て、「普段は無愛想なのに、家族にはああいう顔をするのか」と驚いた職員もいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る