日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人ドラ1岡本の「4番・三塁」を阻む主将阿部の一塁転向

 阿部の一塁転向は、高校通算73本塁打のドラ1スラッガーにも影響を与えそうだ。

 28日、ドラフト1位の智弁学園・岡本和真内野手(18)に指名挨拶を行った巨人。原沢代表兼GMに原監督直筆の色紙を渡された岡本は「期待に応えたい」と緊張気味に話した。

 ジャイアンツ球場で原監督も、「金の卵はどうした?」と気になっていた。

「背番号を(原沢)代表に聞かれて、ミスター(長嶋終身名誉監督)の3とオレの8。『38』がいいんじゃないかと提案したんだよ」

 4番・三塁で活躍した2人が背負った番号を合わせたもので、「自分で言うのも何だけど、いい番号だと思うよ」とご満悦。提示された岡本も「4番を打てるように頑張りたい」と意気込んだが、現場はトーンダウンしてきた。


 ドラフト後、原監督は「ゆったりやっていこうなんて人は誰もいないでしょう」と1年目からチャンスがあるとしていたものの、川相ヘッドコーチがこの日、こう言ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事