• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

呉からサヨナラ3ラン ソフトB中村晃に備わる卓越“選球眼”

 甘い球を逃さなかった。

 日本シリーズ第4戦の延長十回2死一、二塁。カウント1ボール2ストライクからの5球目だった。阪神の守護神・呉昇桓の148キロの直球をコンパクトなスイングで捉えると、打球はホークスファンで埋め尽くされた右翼スタンドに一直線。サヨナラ3ランで試合を決めた。

 日本一にリーチをかけた中村はお立ち台で、「トポスシーズ……ポストシーズンでは」と言い間違えるも、特に照れることもなく淡々。「ここまでこれたのもファンの皆さんの応援のおかげ。今日より凄い応援でパワーを下さい」と、大してうれしくもなさそうに話した。

 ソフトバンクOBが、中村を評してこう言う。

「朴訥で素直な性格だけど、徹底した職人肌の選手。この日のようにナインにもみくちゃにされて感情を爆発させるのは非常に珍しく、チーム内では『ヒットゾーンは広いけど、感情の揺れ幅は狭い』と言われている。コメントも無難で記者泣かせ。秋山監督も常々、『中村は技術屋だから』と口にしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る