呉からサヨナラ3ラン ソフトB中村晃に備わる卓越“選球眼”

公開日: 更新日:

 甘い球を逃さなかった。

 日本シリーズ第4戦の延長十回2死一、二塁。カウント1ボール2ストライクからの5球目だった。阪神の守護神・呉昇桓の148キロの直球をコンパクトなスイングで捉えると、打球はホークスファンで埋め尽くされた右翼スタンドに一直線。サヨナラ3ランで試合を決めた。

 日本一にリーチをかけた中村はお立ち台で、「トポスシーズ……ポストシーズンでは」と言い間違えるも、特に照れることもなく淡々。「ここまでこれたのもファンの皆さんの応援のおかげ。今日より凄い応援でパワーを下さい」と、大してうれしくもなさそうに話した。

 ソフトバンクOBが、中村を評してこう言う。

「朴訥で素直な性格だけど、徹底した職人肌の選手。この日のようにナインにもみくちゃにされて感情を爆発させるのは非常に珍しく、チーム内では『ヒットゾーンは広いけど、感情の揺れ幅は狭い』と言われている。コメントも無難で記者泣かせ。秋山監督も常々、『中村は技術屋だから』と口にしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  8. 8

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る