殊勲のソフトB吉村 秋山監督の「1対1指導」に心酔で復活

公開日:  更新日:

 CSのMVP男・ソフトバンクの吉村裕基(30)が足で魅せた。日本シリーズ第3戦、ソフトバンクは初回、内川の適時打で先制するも、二、三回は得点圏に走者を出しながら点が入らず。その遠い2点目をもぎ取ったのが吉村だった。

 四回1死二塁の場面で、打者細川が藤浪のフォークに空振り三振。ところが、阪神先発マスクの鶴岡がワンバウンドを止められず、ボールはバックネットまで転々とした。二塁走者の吉村は暴投と見るや一気に三塁を陥れ、わき目も振らずに本塁に滑り込んだ。

 さらに六回には先頭打者安打を放ち、この回3点を奪う口火も切るなど活躍。そんな今の姿に、横浜・DeNA時代の面影はない。12年オフに多村らとのトレードでDeNAからソフトバンクに移籍。横浜・DeNA時代を知る関係者がこう言う。

「06~08年に3年連続20本塁打以上を打つなど、和製大砲として定着したはいいが、これに勘違いしてしまった。09年は前年34本から半分以下の16本しか打てなかったにもかかわらず、自分の形とやらにこだわり、コーチ陣のアドバイスも右から左。それでもチームにとっては貴重な長距離砲だけに起用せざるを得なく、完全なフォーム固めができずにいたのが悪かった。打撃不振は続いて出番も激減。DeNAになって1年目の12年は教育係を任されたラミレスの指導も効果がなく、復調どころかこの年はホームランを2本しか打てなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る