殊勲のソフトB吉村 秋山監督の「1対1指導」に心酔で復活

公開日:  更新日:

 CSのMVP男・ソフトバンクの吉村裕基(30)が足で魅せた。日本シリーズ第3戦、ソフトバンクは初回、内川の適時打で先制するも、二、三回は得点圏に走者を出しながら点が入らず。その遠い2点目をもぎ取ったのが吉村だった。

 四回1死二塁の場面で、打者細川が藤浪のフォークに空振り三振。ところが、阪神先発マスクの鶴岡がワンバウンドを止められず、ボールはバックネットまで転々とした。二塁走者の吉村は暴投と見るや一気に三塁を陥れ、わき目も振らずに本塁に滑り込んだ。

 さらに六回には先頭打者安打を放ち、この回3点を奪う口火も切るなど活躍。そんな今の姿に、横浜・DeNA時代の面影はない。12年オフに多村らとのトレードでDeNAからソフトバンクに移籍。横浜・DeNA時代を知る関係者がこう言う。

「06~08年に3年連続20本塁打以上を打つなど、和製大砲として定着したはいいが、これに勘違いしてしまった。09年は前年34本から半分以下の16本しか打てなかったにもかかわらず、自分の形とやらにこだわり、コーチ陣のアドバイスも右から左。それでもチームにとっては貴重な長距離砲だけに起用せざるを得なく、完全なフォーム固めができずにいたのが悪かった。打撃不振は続いて出番も激減。DeNAになって1年目の12年は教育係を任されたラミレスの指導も効果がなく、復調どころかこの年はホームランを2本しか打てなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る