Dバックスが黒田狙い 高額日本人選手争奪戦への“懐事情”

公開日:  更新日:

 01年に球団創設4年目で世界一になったダイヤモンドバックス(Dバックス)が今オフ、ヤンキースからFAになった黒田博樹(39)を手始めに、来年メジャー移籍が噂される広島の前田健太(26)らの獲得を目指す方針を決めたという。

 Dバックスは日本人選手への関心が高く、12年に斎藤隆(現楽天)がプレー。11年オフはダルビッシュ有(現レンジャーズ)、昨オフは田中将大(現ヤンキース)らの獲得に動いた。

 砂漠の街として知られるアリゾナ州フェニックスを本拠地とするDバックスが、オフになると日本人選手の移籍先として浮上するのはどういうわけか。

 Dバックスは今オフ、地元放送局との中継に関する契約を更新。契約期間は15~20年で、これまで3100万ドル(約35億3000万円)だった年間の放映権料は、8000万ドル(約92億円)にまで跳ね上がった。莫大な放映権料を補強資金に回し、高額な日本人の目玉選手を狙える資金力がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る