Dバックスが黒田狙い 高額日本人選手争奪戦への“懐事情”

公開日:  更新日:

 01年に球団創設4年目で世界一になったダイヤモンドバックス(Dバックス)が今オフ、ヤンキースからFAになった黒田博樹(39)を手始めに、来年メジャー移籍が噂される広島の前田健太(26)らの獲得を目指す方針を決めたという。

 Dバックスは日本人選手への関心が高く、12年に斎藤隆(現楽天)がプレー。11年オフはダルビッシュ有(現レンジャーズ)、昨オフは田中将大(現ヤンキース)らの獲得に動いた。

 砂漠の街として知られるアリゾナ州フェニックスを本拠地とするDバックスが、オフになると日本人選手の移籍先として浮上するのはどういうわけか。

 Dバックスは今オフ、地元放送局との中継に関する契約を更新。契約期間は15~20年で、これまで3100万ドル(約35億3000万円)だった年間の放映権料は、8000万ドル(約92億円)にまで跳ね上がった。莫大な放映権料を補強資金に回し、高額な日本人の目玉選手を狙える資金力がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る