どこよりも熱心なはずが 巨人が抱えるFA中島争奪戦のネック

公開日: 更新日:

 アスレチックスからFAとなった中島裕之(32)が引く手あまただ。

 中島と近しい関係者は「マイナーではバスで13時間の移動なんてザラ。こんな生活に疲れ、日本球界復帰を決めた」と言う。海を渡って2年。9月には左手首を骨折するなど故障も多く、長いマイナー生活で帰国を決断したようだ。

 すでに獲得に動くと公言し、条件面などの対策を練っている阪神や、交渉解禁日の昨5日に電話交渉の速攻に出るとしていた古巣の西武は3年8億円を用意しているとされる。他にもオリックス、ロッテ、DeNAが興味を示しているが、どこよりも早く、熱心に調査をしていたのは巨人である。

 今季のチーム打率はリーグ5位、総得点は同4位。中軸を張れ、貧打解消の救世主になり得る打者という評価だ。さる球界関係者が言う。

「中島は原監督と付き合いが深い。オフには親しい関係者を通じて食事を共にするほど。原監督の存在は中島にとって大きかったはずですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る