• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どこよりも熱心なはずが 巨人が抱えるFA中島争奪戦のネック

 アスレチックスからFAとなった中島裕之(32)が引く手あまただ。

 中島と近しい関係者は「マイナーではバスで13時間の移動なんてザラ。こんな生活に疲れ、日本球界復帰を決めた」と言う。海を渡って2年。9月には左手首を骨折するなど故障も多く、長いマイナー生活で帰国を決断したようだ。

 すでに獲得に動くと公言し、条件面などの対策を練っている阪神や、交渉解禁日の昨5日に電話交渉の速攻に出るとしていた古巣の西武は3年8億円を用意しているとされる。他にもオリックス、ロッテ、DeNAが興味を示しているが、どこよりも早く、熱心に調査をしていたのは巨人である。

 今季のチーム打率はリーグ5位、総得点は同4位。中軸を張れ、貧打解消の救世主になり得る打者という評価だ。さる球界関係者が言う。

「中島は原監督と付き合いが深い。オフには親しい関係者を通じて食事を共にするほど。原監督の存在は中島にとって大きかったはずですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る