鳥谷は海外FA権行使 早くも飛び交う阪神主力の「去就情報」

公開日: 更新日:

 阪神鳥谷敬(33)がメジャー移籍を前提に海外FA権行使を球団に伝えていたことが明らかになった。31日朝、南球団社長は「話は聞いています。行使? そういうことでしょう。全力で慰留する」と話した。

 数少ない生え抜きのスター選手が抜ければ、阪神人気の下降は避けられないが、鳥谷以外の主力の動向にも注目が集まっている。

 在京球団の編成担当が「右ひじの状態がかなり悪いようだね」と言ったのは、日本シリーズ第5戦で走塁妨害を犯し、試合終了という醜態をさらした西岡剛(30)のことだ。

「14年は僕で終わってしまった。優勝するために呼ばれたのにできなかった。チームメートには申し訳ないという言葉では済まない」と猛省した西岡はシリーズ当初、三塁を守ったものの、4戦目から指名打者で出場。右ひじに抱える古傷のネズミが、ここにきてかなり悪化しているようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る