日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

イメージと現実とのズレをなくすことが上達の近道

 練習してもなかなか成果が出ない。練習場にまめに通っているのに、スイングの悪癖が直らない……。ゴルフが上達しないで悩んでいるアマチュアは少なくないが、上達を阻む要素として見逃されているのが「イメージと現実のズレ」だ。

 陸上十種競技の出場経験があるスポーツ万能な武井壮さんは、スポーツがうまくなるコツをこういうふうに説明している。

「スポーツをやるにしても、何かいろんなことをするにしても、頭で思っていることと実際やっていることがズレていると、なかなかうまくいきません。うまくならない人、不調から脱しづらい人には共通していることがあります。それは、イメージと現実との間にズレがあるということです」

 ゴルフもしかり。スイング中にはイメージと現実の間にズレが発生しやすい。そしてこのズレが発生している人ほど、上達が遅くなるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事