日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

「イメージと現実のズレ」修正には動きを極端に変える

 ゴルフに限らないが練習してもなかなか成果が出ない人には共通した勘違いがある。

 人間は往々にして「イメージと現実のズレ」があり、これに気づかないままでいるといくら練習しても努力が報われない。加えて、「イメージと現実のズレ」が大きい人ほど、調子が悪くなるとスランプから抜け出しづらくなるのである。

 ではどうすれば、「イメージと現実のズレ」から抜け出せるのか?

 一番大事なことは自分を客観視することだ。スマホは動画が撮れる。練習場でボールを打つ時は、動画で自分のスイングを撮り、スイング中のズレがどれくらいあるのかチェックする。例えばトップの高さがイメージよりも10センチ高いとしよう。この場合、トップの位置が10センチ低くなるように練習すればいい。

 そして、「イメージと現実のズレ」を修正するにはちょっとしたコツがある。それは、修正動作は極端かつ大胆にやってみることだ。トップの位置が10センチ高いのであれば、10センチ低くしたくなると思うが、それではスイングはほとんど変わらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事