日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ダウンスイングの軌道チェックはヒザ立ち打ちが有効

 米国選抜と欧州選抜がチーム戦で戦うライダーカップ。2年に1度の開催で、今年の舞台はスコットランドのグレンイーグルス。

 欧州はホームで迎えた節目の40回大会を制し、これで通算勝敗は13勝2分け25敗。数字上ではいまだ大きく負け越しているが、1995年からの10試合では8勝2敗と米国選抜を圧倒している。

 世界ランク1位のローリー・マキロイも欧州チーム選手として出場し、最終日の個人戦では確実に勝利を挙げている。

 マキロイに限らないが、欧州選手の多くはトップの位置が低い。かつてのベン・ホーガン同様、フラットなトップから300ヤードを超える豪快なドライバーショットを放っている。

 本題に入ろう。フラットなトップを体感するのに役立つのが水平素振りだ。直立状態からヘッドとグリップを肩の高さに持ち上げ、それで地面と水平に素振りする。これをやるとスイング中に腕の上下動はほとんど発生しない。腕を横に振る感覚、すなわちフラットにスイングする感覚を短時間で覚えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事