九州場所「千秋楽」完売 相撲協会が恐れる逸ノ城の途中休場

公開日:  更新日:

 ここ数年、大相撲九州場所は「不人気場所」と呼ばれていた。初日に満員御礼が出たのは97年が最後。会場は最大7500人収容の福岡国際センターと決して大きくないにもかかわらず、常に閑古鳥が鳴いていた。

 そんな九州場所が逸ノ城(21)人気に沸いている。九月場所で1横綱2大関を破る13勝2敗という快進撃もあり、新入幕から2場所目にして新関脇に昇進。すでに千秋楽のチケットは完売するなど、逸ノ城効果はとどまるところを知らない。

 それだけに相撲協会が恐れるのが、モンゴルの怪物の休場だ。

 九月場所後は連日取材やイベントに駆り出され、ストレスのあまり帯状疱疹で1週間入院。下半身不調の原因だった骨盤のズレこそ整体で「突貫工事」を行ったものの、出稽古は一切行っていない。ただでさえ調整不足で体調も万全でないとあっては、途中休場もあり得ない話ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る