• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

九州場所「千秋楽」完売 相撲協会が恐れる逸ノ城の途中休場

 ここ数年、大相撲九州場所は「不人気場所」と呼ばれていた。初日に満員御礼が出たのは97年が最後。会場は最大7500人収容の福岡国際センターと決して大きくないにもかかわらず、常に閑古鳥が鳴いていた。

 そんな九州場所が逸ノ城(21)人気に沸いている。九月場所で1横綱2大関を破る13勝2敗という快進撃もあり、新入幕から2場所目にして新関脇に昇進。すでに千秋楽のチケットは完売するなど、逸ノ城効果はとどまるところを知らない。

 それだけに相撲協会が恐れるのが、モンゴルの怪物の休場だ。

 九月場所後は連日取材やイベントに駆り出され、ストレスのあまり帯状疱疹で1週間入院。下半身不調の原因だった骨盤のズレこそ整体で「突貫工事」を行ったものの、出稽古は一切行っていない。ただでさえ調整不足で体調も万全でないとあっては、途中休場もあり得ない話ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る