秋巡業休場…逸ノ城も撃沈した「かわいがり」と「取材攻勢」

公開日: 更新日:

 さしもの“モンゴルの怪物”も、大相撲の伝統と日本のマスコミには歯が立たなかったようだ。

 新入幕の秋場所で13勝2敗と大躍進した逸ノ城(21)が、帯状疱疹のため、10日から行われている秋巡業を途中休場することになった。

 湊親方(元幕内湊富士)は「注目されることへのストレスだろう」と話し、1週間ほどの入院生活を送ることになりそうだ。

 秋場所で1横綱、2大関を破っただけに、いまや角界で最も注目を集めている。土をつけられた横綱鶴竜(29)も、熱視線を送るひとり。この巡業では連日のように逸ノ城をぶつかり稽古に指名していた。担当記者が言う。

「横綱が直前の場所で負けた力士を徹底的に叩きのめす『かわいがり』ですよ。モンゴルの後輩力士ということもあり、特別な意識もあるのだろうが、いかんせん、逸ノ城に体力がない。2、3番ぶつかっただけで土俵上に大の字になってしまうので、鶴竜も『何やってんだ!』とヒートアップしてしまう。逸ノ城も音を上げて、13日の富岡巡業では鶴竜が姿を見せる前に支度部屋に引き揚げてしまったほどです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る