• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

場所前から満身創痍の逸ノ城 骨盤異常より心配な「自律神経」

 遠征治療も、根本的な解決にはならない。9日から開幕する大相撲九州場所。直前の3日に骨盤の異常が明らかになったのが、新関脇の逸ノ城(21)だ。

 下半身の状態が悪く、湊親方(元幕内湊富士)が懇意にしている整復師を大阪から呼んで検査を受けさせたところ、骨盤がズレていることが判明。治療のため、急きょ5日から1泊2日で大阪に赴くことになった。

 秋巡業中は帯状疱疹でダウンし、1週間の入院。数日前から「体が重い。食欲がないのに、体重が増える。もう200キロは超えていると思う」とため息をついていた。太股も計測のわずか3日後に97センチから99センチに増えるなど、異常な太り方をしている。

 骨盤が治れば、そうした現状も改善する――と思いたいが、まったく別問題だ。旧ユーゴ・ナショナルスキーチームのコーチだった平山昌弘氏(フィジカルトレーナ-)は、「明らかに自律神経がコントロールできていません」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る