場所前から満身創痍の逸ノ城 骨盤異常より心配な「自律神経」

公開日: 更新日:

 遠征治療も、根本的な解決にはならない。9日から開幕する大相撲九州場所。直前の3日に骨盤の異常が明らかになったのが、新関脇の逸ノ城(21)だ。

 下半身の状態が悪く、湊親方(元幕内湊富士)が懇意にしている整復師を大阪から呼んで検査を受けさせたところ、骨盤がズレていることが判明。治療のため、急きょ5日から1泊2日で大阪に赴くことになった。

 秋巡業中は帯状疱疹でダウンし、1週間の入院。数日前から「体が重い。食欲がないのに、体重が増える。もう200キロは超えていると思う」とため息をついていた。太股も計測のわずか3日後に97センチから99センチに増えるなど、異常な太り方をしている。

 骨盤が治れば、そうした現状も改善する――と思いたいが、まったく別問題だ。旧ユーゴ・ナショナルスキーチームのコーチだった平山昌弘氏(フィジカルトレーナ-)は、「明らかに自律神経がコントロールできていません」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る