逸ノ城はご機嫌も…「最速昇進」と「初ちょんまげ」に不吉なジンクス

公開日:  更新日:

「本当のお相撲さんになった気分。締まっている感じがしていいですね」

 モンゴルの怪物が、ただでさえ細い目を針のようにして笑った。

 角界を席巻する逸ノ城(21)が昨27日、福岡県古賀市の湊部屋宿舎で初めてのちょんまげ姿を披露した。大銀杏を結うまではあと1年かかるというが、11月9日初日の九州場所を前に、肩まで伸びていたザンバラ髪に別れを告げて終始ご機嫌だった。

 9月の秋場所で13勝。100年ぶりの新入幕優勝には届かなかったが、一躍、時の人となった。この日朝に発表された番付では、異例の11枚アップで新関脇に抜擢。初土俵から所要5場所での新三役が昭和以降最速なら、入幕2場所目での関脇昇進も初という快挙である。

 が、気になるジンクスもある。過去に入幕2場所で三役(小結)に昇進した力士は北の富士と大錦の2人。北の富士は4勝11敗、大錦は3勝12敗と惨敗に終わった。待望のちょんまげも、ザンバラ髪の先輩・遠藤がまげを結った初めての場所で7勝8敗と負け越し、以降、精彩を欠いている。

「昨年の九州場所のときは丸坊主だった。頑張ります」

 そう気持ちを引き締めた逸ノ城は、ジンクスも吹き飛ばすのか。九州場所が楽しみではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る