視聴率も横綱級…逸ノ城は“商品価値”でも遠藤を超えた?

公開日:  更新日:

 大相撲秋場所で注目を集めたモンゴル出身の逸ノ城(21)。新入幕ながら快進撃をみせ、100年ぶりの新入幕優勝かと大きな話題になった。

 優勝決定戦の可能性もあった千秋楽は、早々と13勝目の勝ち名乗りを受け、結びの一番、横綱・白鵬戦の結果を待つばかり。

 この間、視聴率は10.8%(16時5分~16時36分)→14.8%(16時39分~17時)とグングン上昇。17時7分~の30分間の視聴率は21.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=29日時点の日報データから)をマークするに至った。いかに逸ノ城と横綱の再戦が期待されていたかがわかる。

 ちなみに、夏場所の千秋楽の視聴率は17~18時は15.5%、同じく名古屋場所は17.4%。こちらからも逸ノ城効果は一目瞭然。

 ワイドショーでも大々的に取り上げられ、一躍スター力士となった逸ノ城だが“商品価値”も跳ね上がったのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る