• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

頭部流血しながら2位 羽生のアクシデントを美化するんじゃねえぞ!

「おそらく意識が朦朧とする中、金メダリストの尊厳と責任感だけを強靭な精神力に変えて演じきった奇跡とも言える上海の4分半!」

 メディアの伝えた羽生結弦の演技。日本人がもろ手をあげて喜びそうな感動。はっきり言う。わたくしはこういう美化に虫唾が走る。

 衝突事故の後、羽生結弦であれば、「何が何でも演技を続ける!」と言うだろう。当たり前だ。多くのファンの期待、出身地である被災地の期待、スポンサーの期待、それらを全部引っ抱えて彼のなで肩に、スケート連盟そのものがどっこらしょとおんぶお化けのようにおぶさっているのだ。

 ひじょうに心配して「やめとけば?」というふりをしつつも、実は演技をやらせたいと、意識の底では思っていなかったか、白状しろやいおんぶお化け? それを「本人が絶対にやると言って聞かないから」などと、責任逃れをしていないか、おんぶお化け?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る